ひかりの変わらない日々

ひかりの聞きたいことあれこれ

呼び捨てが気になるあなたに限定情報


いま、一番気になる呼び捨てを完全チェック!!



【注】BL。妄想小説。大宮以外の絡み。女絡。多少アリ?嫌いな方。苦手な方。御遠慮願い?









さわっと暖かい風が
オレの背中を押した。




カズに会いたい・・・

はやく会いたい・・・



抱きしめてキスをして
何度も好きって言うよ。




そして・・・






『オレ・・・行くよ。カズのところへ・・・』

『ああ・・・アイツは頑固だから、まぁ・・・ガンバレよ』




ふわっと柔らかい笑顔。




こんな顔も・・・

出来るんだ・・・





『ふ・・・ふふふっ』




なんだかさ・・・

コイツの事・・・



好きになれそうな予感。






『なに笑ってんだよっ』
『ううん。何でもない。んふふっ、じゃあねっ


『あっ、おいっ、ちょっと待てっ・・・』




カズに向けて
走り出そうとした足。



呼び止められて
ピタッと止める。





『なに?まだ何か・・・』
『もうひとつ、いい事を教えといてやる』




振り返ったオレに
イタズラっ子みたいな顔。



いい事って・・・何だ?





『俺も含めてアイツの周りはアイツの事「ニノ」って呼ぶ』
『それは・・・そんな事、もう分かってるよ』





今さら・・・


それが何だって言うんだ?





『下の名前で呼べるのはニノの両親と姉ちゃんだけだ』

『・・・・・・・・・・え・・・?』

『俺とマーなんてもう10年近くの付き合いなのに。それでも下の名前では呼ばせてもらえないってーの』





・・・うそっ


・・・えっ?



それってつまり・・・






『アイツにとって最初からアンタは「特別」だったんだ』
『・・・特・・・別・・・?』
『分かったらもう行け。塩を送るのはこれが最後だぞ』




しっ、しっ、と
追い払うみたいな仕草。




だけどその表情は

穏やかで優しい・・・






『・・・ありがと・・・ありがとう・・・ジュンっ』
『あっ、おまっ、イキナリ呼び捨てかよっ?』




言葉ではそう言いつつも
ジュンは嬉しそうに笑う。



オレは一瞬目を細めて
もう一度、走り出した。






『アイツの事っ頼んだぞっ・・・サトシっ』




後ろから届いた声に
オレは嬉しくなって

走りながら大きく手を振った。





カズ・・・


カズ・・・



お前が好きだよ。




抱きしめてキスをして

何度も好きって言うよ。




そして・・・




新しい季節を


2人で迎えよう・・・







今、

その手を


つかまえるから・・・








『・・・サトシっ?っ、どうして・・・っ』

『カズ・・・会いたかった・・・っ』






そして2人で・・・



幸せになろう・・・












月夜の君に〜完〜




































呼び捨てはどこよりも安い携帯サイト



昨夜のNHKでのグンちゃん

美しい容姿甘い歌声(≧∇≦)

最近はウナギでなくドジョウ気味で情報が
追えてないわたくしですがグンちゃんのことは愛してるのよ〜(笑)何が嬉しかったって、NHKさんは「チャン・グンソクさん」とナレーションしてくれたこと!!め○ましとかでも呼び捨てなのが、わたくし非常に不快だったんですよ

しかし、グンちゃんの絵は斬新すぎたわ〜

この絵は可愛いじゃんと思ったけど



画伯、わたくしタコかと思いました〜


ドヤ顔でキメッキメ(≧∇≦)そして今日、お友だちのtさんが

大好きな治一郎と一緒に(美味しいんですよね〜)


ありがとう〜!!今夜はもしかしたら夢に出てくれる…かもしれない