ひかりの変わらない日々

ひかりの聞きたいことあれこれ

山川の気になるお買い得情報をお届けします。

山川 夏が来ちゃう。どうしよう。

PET後の診察は予想通り午後予約患者の最後だった。
 
待ってるのが辛くて待ち合いの椅子で転げ廻っていたので時間は良く分からないが16時は回っていたはずだ。
 
挨拶して診察室に入ると最近ずっと担当していただいている四谷センセは既にPET画像をPCで開いていた。
 
「大変お待たせしました。えりあさんの先日のPETの結果なんですけどー。」
 
PETの画像は全身が映る。
 
寝て撮影する為なのか宇宙服を着ているようなモコモコなアウトライン。
 
こんなに太ってんだ➰!
 
PCのどこかをクリックすると部分の拡大になりくるくるとマウスを回すと画像も上下する。
 
問題の胸部になるとあちらこちらが光り始め右鎖骨の一番左端(つまり首付け根のほぼ真ん中)で光る富士山のような不思議なものが映っていた。
 
「やっぱりねー、問題のここは……」
 
「スッゴい光っちゃってますね!がんってことですよね?」
 
「んんー……そうですね……こことこのリンパ節は光っているけどまあまあ大丈夫なのかとただここは……」
 
「縦隔リンパ節ですか!」
 
「それとこの腫瘍の側の骨は一部光っちゃてますね。」
 
「骨転移……と。」
 
センセは転移とかリンパ節肥大とかがん転移とか再発などの刺激的な単語は一切言わない。
 
「今回は心配していた肺とかの内臓転移はなかったしリンパ節もほぼ大丈夫と言うことで……前回の超音波だとねもっとリンパ節がすごいことになっちゃってるかなあと思ったんですけどリンパ節の腫れも落ち着いてきたしこれからはね……がんと生きるってことを考えていってほしいんですね。抗がん剤を使用しても一度は良くなるかもしれない。でも必ず再発します。そしてまた抗がん剤とかでよくなるかもしれない。でもまた再発します、というように終わりがないんですね。
 
「はあ……」
 
抗がん剤を勧めるってことになると思うんだけど……今度は終わりがないのね。長いトンネルに入っちゃったみたいに。」
 
「終わりがない……」正直ピンと来なかった。
 
抗がん剤も術後はFECとかタキサン系でも強い薬を使うんですが正直、いつまでで終わりと言うのが……ない……のね。だからあんまり強い薬を使うと副作用で息切れしてきちゃうの。」
 
ああ……そういうことね。効いている限り腫瘍がほとんどなくなるまで抗がん剤を打ち続ける……
 
「だからもっとマイルドな抗がん剤を勧めるのね、コレとかコレ、コレ」
 
「でもやっぱり髪の毛が抜けるんですよね?」
 
「うーんそうね、コレとコレはどうしてもねえ……あっTS1は抜けません。あとホルモン剤ね。」
 
「センセ、勇気を持って無治療にするが定期的に検査はここで受けさせていただく、とういうのはありですか?
 
「そりゃ定期的に検査はあるし医療機関と縁を切れる訳じゃないですが……腫瘍のタイプを調べて遺伝子の型を変異があるかどうか調べてホルモン感受性がまだあればいままでとは違うホルモン剤の投与から考えても良いと思います。」
 
「タモキシフェン効かなかったんですもんね……もう飲まなくてもいいんですか。効かないのに副作用が20もあってどんどん体調が悪くなるんでやめさせて貰おうかなって考えてたとこなんです。」
 
「そうなんですね!まあMRIと腫瘍の生検。あと血液検査をやって……えりあさんは最終月桂はいつきましたか?んーそれだと本当に閉経しているか分かりませんね。血液……血液検査をやってホルモン値の値を調べます。生検はあ……これ外来で取れるかなあ」センセは振り替えっていつもの馴染みの看護士に聞いてる。
 
「表面だしイケ……る・かなあ。」
 
お馴染みの看護士、山川さん、患部を覗き込み首を傾げてる。
 
「ここの生検は整形外科でやるのね。筋肉組織なので整形外科になります。それで整形外科の診察を受けて外来で取れるか入院しなくちゃいけないかが決まるのね。とりあえず整形外科の予約を入れておくので、後 MRIとと血液検査ね。まず順番は血液検査からで次に整形外科にかかってMRI。最後に午前中に乳腺外科に帰ってきてください。その後精神腫瘍内科も入れておきますね。いつがいいですか~?」
 
な~んか「抗がん剤をやる・やらない」がうまく誤魔化されたような……
 
 
 
次はMRIの予約や私の仕事の都合もあり7月の10日の検査診察となった。
 
 
 
最近のガーデニング
 
 
 
 
最近、ハンギング始めました。
 
なかなか難しい!
 
 




山川 俺より強い奴に、会いに行く


戸田オールレディース
シリーズ最終日を迎えました。




(7Rは寺田千恵選手と深尾巴恵選手の激戦に)

(原加央理選手と原田佑実選手)

(最終日2連勝の活躍を見せた水口由紀選手)

(浜田亜理沙選手と角ひとみ選手)

 

新田芳美選手は5Rで3コースまくり一撃。
今節2勝目でデビュー通算996勝目となりました。
カウントダウンの針をあと4つまで進め、
次節は丸亀男女ダブル戦(6/7~12)に臨みます。

三浦永理選手は今節2勝でデビュー通算995勝
次節は浜名湖男女ダブル戦(5/27~6/1)で、
地元での1000勝達成を目指します。

深尾巴恵選手は今日2着2着の活躍。
今節は1着1本、2着2本、3着3本と
連絡み6本舟券のカギを握る存在になりました。

埼玉支部は今日も3勝を上積みし、
節間計15勝支部別トップを独走する結果に。
地元ファンを大いに沸かせる6日間でした。







さて今日のレース結果は、


1R ②鳥居 智恵 2コースまくり (3連単17770円)
2R ①大豆生田蒼 1コース逃げ
3R ②松瀬 弘美 2コースまくり (3連単22850円)
4R ①水口 由紀 1コース抜き
5R ③新田 芳美 3コースまくり
6R ①中里 優子 1コース逃げ
7R ①寺田 千恵 1コース逃げ
8R ④原 加央理 4コースまくり (3連単22120円)
9R ①垣内 清美 1コース逃げ
選抜戦10R ③水口 由紀 3コースまくり差し3連単11020円)
選抜戦11R ④高橋 淳美 4コースまくり (3連単31430円)
勝戦12R ②五反田 忍 2コース恵まれ



【今節上がりタイムベスト5】
1 寺田 千恵 1:47.6 (初日6R)
2 五反田 忍 1:48.2 (初日11R)
3 浜田亜理沙 1:48.4 (2日目3R)
3 今井 美亜 1:48.4 (初日12R)
4 永井 聖美 1:48.5 (初日10R)


【今節の部品交換状況】
新田 芳美 ②新プロペラ、⑤リング1本
水口 由紀 ②電気一式、③電気一式、④電気一式
安達 美帆 ③リング2本、④リング1本、⑥リング1本
池田 紫乃 ①新プロペラ、③リング1本
大瀧明日香 ①電気一式、②電気一式、④リング2本、⑤リング2
金田 幸子 ②電気一式、③電気一式
三浦 永理 ②リング2
原田 佑実 ③電気一式
原 加央理 ②リング2
渡邉 優美 ②リング2本、③リング1本
今井 美亜 ④新プロペラ
大豆生田蒼 ⑤リング4本・ピストン2個・シリンダ
勝浦 真帆 ②電気一式、③電気一式、⑤新プロペラ
深見亜由美 ①新プロペラ
孫崎 百世 ⑤リング4本・ピストン2個・シリンダ
(※○内の数字はシリーズ○日目。青字は準優組、赤字は優出組)


【今節支部別1着回数】
埼玉支部 15勝(中里③、原③、安達②、浜田②、清埜②、瀧川②、大豆生田①)
大阪支部 11勝(五反田⑥、高橋淳③、原田①、佐藤①)
東京支部 9勝(永井⑤、宮本②、栢場①、石井①)
岡山支部 6勝(寺田④、森岡②)
福井支部 5勝(今井美⑤)
福岡支部 5勝(鳥居①、大山博①、渋田①、深川①、渡邉優①)
静岡支部 4勝(松瀬②、三浦②)
三重支部 4勝(垣内④)
滋賀支部 3勝(水口③)
香川支部 3勝(道上③)
広島支部 3勝(角③)
徳島支部 2勝(新田芳②)
群馬支部 1勝(深尾①)
愛知支部 1勝(谷川①)


【今節決まり手回数】
まくり   26本
逃げ    25本
差し    9本
まくり差し 6本
抜き    4本
恵まれ   2本






 

 

まずは芦屋GⅠレディースチャンピオンの勝負駆け状況から。


今日終了時点での選考ボーダー付近は、


45↑西村美智子 5.60
46↑倉田 郁美 5.59 (5/27~31浜名湖
47↑角 ひとみ 5.57★(5/28~31鳴門)
48 櫻本あゆみ 5.55 (5/20~24唐津
49↑中里 優子 5.46★(5/30~31大村)
50↑池田 明美 5.44 (5/27~31浜名湖
51↑高橋 淳美 5.41★
52↑森岡 真希 5.39★
――――ボーダーライン――――
53↑大豆生田蒼 5.36★
54↑松瀬 弘美 5.35★
55↑若狭奈美子 5.31 (5/28~31鳴門)
56↓片岡 恵里 5.31 (5/18~23下関)
(※@cafe独自集計。★は今節出場メンバー。
 昨日より順位が上がった選手は↑、下がった選手は↓。
 カッコ内は選考期間内の出場予定)


大豆生田蒼選手が2Rでイン逃げ
松瀬弘美選手が3Rで2コースまくり、
中里優子選手が6Rでイン逃げ
高橋淳美選手が11Rで4コースまくりの1着。


今日もボーダー付近の選手たちが相次いで白星を奪い、
白熱の勝負駆け戦線を見せてくれました。


選考期間は残りあと9日
果たしてどんな結末が待っているのでしょうか。








というわけで話題は勝戦へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



【優勝戦12R出走表】
①永井 聖美 (優出109回目、優勝20回)
②五反田 忍 (優出55回目、優勝9回、戸田1V)
③今井 美亜 (優出19回目、優勝3回)
④清埜 翔子 (優出3回目)
⑤谷川 里江 (優出254回目、優勝44回、戸田2V)
⑥深川麻奈美 (優出6回目)

 


コンディションは右横風2m、波高1cm、
気温27℃、天候:晴れ。


進入は①②③/④⑤⑥で枠なりの3対3。


各艇がスリットラインを通過すると、
実況アナの「これはちょっと早いスタートとなってしまいました」の声が。


ピットで見守っていた東京勢からは
「うそぉ・・・、お願い、助けて」と祈るような悲鳴。


しかし無情にも対岸のモニターに灯った「返還艇①」の文字。

 


①永井選手がインからプラス01のFに散りました。

 


先頭を走っていた①永井選手がバック直線で戦線離脱し、
これで2コースから差して2番手につけていた②五反田選手と、
6コースから握って3番手の位置にいた⑥深川選手のV争いに。


 


2マークで⑥深川選手が逆転を狙って渾身の差しハンドルを入れるも、
ターンマークに接触して万事休す。


リードを広げた②五反田選手がVゴールを駆け抜けました。



【優勝戦12R結果】
1着 ②五反田 忍 2コース ST.09
2着 ⑥深川麻奈美 6コース ST.11
3着 ④清埜 翔子 4コース ST.23
4着 ⑤谷川 里江 5コース ST.23
5着 ③今井 美亜 3コース ST.13
F  ①永井 聖美 1コース ST+01
決まり手=恵まれ
2連単②⑥ 2840円(14番人気)
3連単②⑥④ 9190円(42番人気)



永井選手は通算109回目の優出で初めての優勝戦F。
F休みは6/29~7/28の予定で、
復帰後の6カ月間(7/29~1/28)は女子戦斡旋停止になる見込み。


優先出場権を持っていたGⅠレディースチャンピオンはもちろん、
女子賞金ランク20位で圏内にいたGⅡレディースチャレンジカップ
GⅢクイーンズクライマックスシリーズ戦も棒に振ることになってしまいました。



深川選手は2着、清埜選手は3着と連絡みの活躍も、
デビュー初Vへはあと一歩及ばず。
レディースチャンピオン優先出場権はなりませんでした。


 


 


勝った五反田選手は通算10回目となる節目の優勝。


【五反田忍選手 優勝歴】
03年5月 唐津一般戦
03年11月 浜名湖女子リーグ
04年4月 下関女子リーグ
04年11月 若松女子リーグ
05年11月 若松女子リーグ
06年6月 戸田女子リーグ
09年2月 下関オール女子戦
12年8月 丸亀男女ダブル戦
17年4月 芦屋オールレディース
17年5月 戸田オールレディース


戸田では06年女子リーグに続く2回目の優勝。
当地2優出2Vとなりました。

 


今節は2・1・1・3・1・1・①・①着で、
4月の芦屋オールレディースに続いて自身2回目のオール3連対V


昨年のオールレディースで大瀧明日香選手が
予選トップ通過したモーター39号機を引き当てると、


初日11Rで圧巻の6コースまくりを決めるなど
何度も好パワーを見せて予選2位通過。


シリーズ後半戦は4連勝で他を寄せ付けず。
特に4日目後半からはコンマ08、08、09とゼロ台スタート3連発で、
F艇が出るなかでもその勘に狂いはありませんでした。

 


芦屋・戸田と立て続けにオールレディースを制覇し、
春の女子戦線で主役の一人となった五反田選手。


次節は丸亀男女ダブル戦(6/7~12)に登場です。


丸亀の男女ダブル戦は12年に優勝した経験のある大会。
2節連続Vを目指す戦いに注目が集まりそうです。



五反田選手、おめでとうございました。

 







ではこれにて戸田オールレディース@cafeは終了。


GⅢオールレディース戦線はこれでひと休みに入り、
次戦は8月11日からのびわこ戦になります。


@cafeはそれまでの間に
ヴィーナスシリーズに2節ほど伺う予定。


次回の更新予定は10日後、
6月1日開幕の常滑ヴィーナスシリーズです。


現時点での出場予定メンバー(支部別)は、


群馬 松本、深尾
埼玉 原、大豆生田、瀧川千
東京 廣中、内田、石井、平田、櫻本、市村、富樫、黒澤、渡邉真
静岡 長嶋、鈴木成、木村沙、山下、勝又
愛知 細川、宇野、横田、深見、出口、清水、中北
三重 鈴木祐
福井 加藤奈
滋賀 遠藤エ
大阪 落合、関野
兵庫 
徳島 西岡
香川 西坂、中村
岡山 守屋、勝浦
広島 菅野、渡邉千、塚脇、村上、新田有
山口 
福岡 真子、小池、森田、大山千
佐賀 
長崎 
(※赤字はA1級、青字はA2級)


長嶋選手、松本選手、遠藤選手、中村選手がSGから転戦の予定。

常滑ヴィーナス決戦をお楽しみに。






【'17 女子賞金ランキング】 (5/22現在)
1 山川美由紀 16,419,500円 (今年3V)
2 長嶋 万記 15,038,000円 (今年4V)
3 平高 奈菜 13,403,900円
4 遠藤 エミ 13,357,500円 (今年3V)
5 海野ゆかり▽12,210,500円 (今年1V)
6 寺田 千恵 11,549,400円★(今年1V)
7 松本 晶恵 11,453,000円
8↑田口 節子 10,100,200円 (今年1V)
9↓細川 裕子 10,109,000円 (今年1V)
10 川野 芽唯 10,002,000円
11 三浦 永理  9,965,500円★
12 樋口由加里  9,540,900円
――――クイーンズクライマックスボーダー――――
13↑今井 美亜  8,988,000円★
14↓日高 逸子  9,198,400円
15 谷川 里江  8,712,200円★
16↑水口 由紀  8,593,000円★(今年1V)
17↓山下 友貴  8,703,900円
18↑津田 裕絵  8,515,500円
19↑中谷 朋子  8,438,900円
20↓永井 聖美▽ 8,554,000円★(今年1V)
(※★は今節戸田出場メンバー。
 昨日より順位が上がった選手は↑、下がった選手は↓。
 ▼はF休み中、▽はF休み未消化)



【F休み中の女子レーサー】
本部めぐみ 2/23~5/23(F2、90日間)
小野 真歩 4/26~5/25
高田  綾 5/5~6/3
西舘 果里 5/11~6/9
薮内 瑞希 5/11~6/9
島田なぎさ 5/13~6/11
中田 夕貴 5/13~6/11
香川 素子 3/15~6/12(F2、90日間)
高石 梨菜 5/17~6/15
前原  哉 5/17~6/15
岩崎 芳美 4/20~6/18(F2、60日間)
佐藤 享子 5/23~6/21
池田奈津美 3/27~6/24(F2、90日間)
小芦るり華 5/16~7/14(F2、60日間)
田村 美和 4/20~7/18(F2、90日間)
竹野 未華 5/23~7/21(F2、60日間)


【F休み未消化の女子レーサー】
山本 宝姫 5/24~6/22
戸敷 晃美 5/28~6/26
竹井 奈美 5/29~6/27
原田 佑実 6/1~7/30(F2、60日間)
遠藤 ゆみ 6/1~6/30
前田 紗希 6/4~7/3
木村沙友希 6/7~7/6
原 加央理 6/7~7/6
市村 沙樹 6/7~7/6
村上 奈穂 6/7~7/6
今井 裕梨 6/10~7/9
笠野友紀恵 6/13~7/12
稲生 夏季 6/16~7/15
松尾 夏海 6/16~7/15
高田ひかる 6/16~7/15(L休み)
孫崎 百世 6/16~7/15
中里 優子 6/19~7/18
海野ゆかり 6/19~7/18
三松 直美 6/22~7/21
真子奈津実 6/22~7/21
黒澤めぐみ 6/22~7/21
塚脇 奈美 6/22~7/21
永井 聖美 6/29~7/28
浜田亜理沙 7/5~8/3
水野 望美 7/5~8/3
赤井  睦 7/5~8/3


【女子レース斡旋停止】
喜井つかさ 1/18~7/17(6カ月間)
永井 聖美 7/29~1/28(6カ月間)




浜名湖一般戦(5/17~22)は最終日を迎え、
池田浩美選手が優勝戦に5号艇で登場。
4着に終わって当地2節連続Vはなりませんでした。


女子6人で争われた9Rは
喜井つかさ選手がイン逃げで制して
今節初白星で締めくくっています。


(喜井つかさ選手。写真は12/2住之江)


下関男女ダブル戦(5/18~23)は準優日の5日目。


準優9Rは岸恵子選手が3コース差しで制し、
予選2位通過の大山千広選手は無念のイン戦6着に。


準優11Rは田口節子選手がイン逃げで快勝。
富樫麗加選手が3着に入ってデビュー初優出です。


【女子優勝戦12R出走表】
①田口節子、②岸恵子、③山川美由紀、
④中谷朋子、⑤小池礼乃、⑥富樫麗加。


田口選手はこれで6節連続優出となり、
前節の大村オールレディースに続くポールポジションに。
2節連続49回目の優勝を狙います。


(富樫麗加選手。写真は3/3宮島)


唐津一般戦(5/20~24)は
3日目を終えて予選ラウンドが終了。


樋口由加里選手が得点率8位、
川野芽唯選手が得点率9位、
守屋美穂選手が得点率13位に入り、
女子3人が明日の準優に駒を進めています。


(樋口由加里選手。写真は4/29大村)


若松一般戦(5/23~27)が明日スタート。
渡辺千草選手、久保田美紀選手、廣中智紗衣選手、
細川裕子選手、平田さやか選手、落合直子選手、
山下友貴選手、戸敷晃美選手の女子8人が参戦します。


(戸敷晃美選手。写真は4/4芦屋)


福岡SGボートレースオールスター(5/23~28)が明日開幕。
女子レーサー8人が参戦します。


日高逸子選手 (15年連続18回目)
長嶋万記選手 (3年ぶり2回目)
松本晶恵選手 (初出場)
・平高奈菜選手 (3年連続4回目)
・遠藤エミ選手 (2年連続2回目)
・小野生奈選手 (4年連続4回目)
・竹井奈美選手 (2年ぶり2回目)
・中村桃佳選手 (SG初出場)
(※カッコ内はオールスター出場回数)


日高逸子選手。写真は3/1宮島)
(平高奈菜選手。写真は3/10丸亀)
(遠藤エミ選手。写真は3/5宮島)
(中村桃佳選手。写真は11/1江戸川)
長嶋万記選手、松井繁選手。写真は11/25大村)
(毒島誠選手、松本晶恵選手。写真は11/26大村)
(小野生奈選手、篠崎仁志選手。写真は11/26大村)
(竹井奈美選手、瓜生正義選手。写真は11/24大村)


各地の混合戦などで奮闘中の女子レーサーにも
ぜひご注目ください。