ひかりの変わらない日々

ひかりの聞きたいことあれこれ

必須アイテム山川

山川 有楽町で逢いましょう

 
 
釣果速報
 
ムラサワ様
44センチ
ブルフラットTX
秋山川最上流

「山川」に騙されないために

 

こんにちは✨😃❗

相手を称える大和言葉をひとつ。

大和言葉 あっぱれ
日常言葉 見事


語源・由来・意味
しみじみした悲哀や感動を意味する
「あはれ」の派生後。

使い方
「きみの態度はじつに見事だった」➡
「きみの態度はじつにあっぱれだった」





昨晩深夜に放送されたNNNドキュメント

「5万人に1人の私
~トリーチャーコリンズ症候群に生まれて~」

というのを観て、
 
初めて
 
トリーチャーコリンズ症候群っていうのを
 
知りました。



出演されていた山川さんは
 
小さい頃から耳の形成の為に
 
体の一部を移植したり、
 
沢山の手術を繰り返し、
 
またその辛さを乗り切って来ました。

他人からの心無い言葉や冷たい視線
 
にも絶えて、乗り切って来ました。



本人の立場になって考えると、

「本当に、辛かっただろうなぁ」と、

胸が締め付けられる思いでした。





山川さんは担任の先生にその出来事を
 
打ち明けました。
 
 
 
当時の高校生の担任 岡先生 :

そのことをクラスで話したら、

クラスの子がむちゃくゃ怒ったんですね。





同級生 石川さん:

なんでそんな、
 
何にもしていない記代香ちゃんが
 
言われなきゃいけないんだろう。





同級生 武藤さん :

まだそんなことを言う人がいるんだって
 
正直思いましたよね。

仲間っていうイメージでいたんですよね。







母 晶子さん :

「どうするかは自分」って、
 
突き放した言い方をしたと思います。







母 晶子さん :

もう言えるやんかぁ、
 
自分で言わなきゃ、って。









記代香さんは担任に相談、
 
職員会議の結果、
 
特別に記代香さんの為だけに
 
時間が設けられました。

全校生徒700人の前、
 
1人で登った体育館のステージ。





みんな、
 
記代香さんの話を
 
固唾を飲んで聞きました。



「私は今までずっと嫌な思いをしてきました」

「例えば、
        買い物に行くとき顔のことを言われたり」

「指をさされ白い目で見られたり
                                      本当につらかったです」

「どうして何もしていないのに
            怖いとか言われなくてなくては
                    いけないのか?知りたいです」

「数え切れないほどの手術をして
                            耐えてきているのに・・・」

「今、私が一番伝えたいことは」

「人が傷つく言葉をおもしろおかしく
        平気で言わないでほしいということです」

「そういう言動は絶対しないでください」

「今日、この場で自分のことを
                   みなさんに伝えようと思ったのは」

「この場に立つことで本当に強くなれる、
                       強くなりたいと思ったからです」

「そして大学でも、自分の病気のことを
           伝えていく勇気を持ちたいと
                                                 思ったからです」
 
 

高校の担任 岡先生 :

クラスの子は泣いているんですよ。

ももらい泣きした形で震えた。



同級生 武藤さん :

自分でそうやって言えるのは強いなっていう
 
感情を抱きました。
 


母 晶子さんは姿を隠して、
 
そっと見守っていました。



記代香さん :

終わってから、
 
お母さんがいて、
 
会った瞬間に涙しました。



母 晶子さん :

2人で抱き合って泣きましたね。



記代香さん :

頑張ったねって言ってもらって、

自分の中では(考え方が)変わったかなと
 
思ってます。



それから4年、

記代香さんは、
 
今年の3月に日本福祉大学を卒業し、
 
東海市役所 社会福祉課で頑張っています。

同時に、
 
両親の心配からくる反対を押し切り、
 
独り暮らしを始めました。





日頃、当たり前にあることへの感謝を忘れがちで、もっとこうだったらと不満を感じながら、欲求を追求することに走りがちですが、改めて当たり前にあることに感謝しました。

今後もこの病気のことがメディアで取り上げられることがあると思いますので、皆さんも理解が深められたらと思います。

長くなって申し訳ありません...🙇

お読み頂き、有り難うございました。