ひかりの変わらない日々

ひかりの聞きたいことあれこれ

山川 おっ!サンテレビ

山川 好きなひとが、できました。

 
5月12日の朝
 
昨日宿泊したホテルイタリア軒からこの日の仕事会場まで約30分のウォーキング
 
普段東京にい時はひどい時引きこもりのように?
一切自分の住まいから外にでないことがあります。
 
冷蔵庫の中にある適当なもので最低限の食事をつくり
ひたすら寝ていて気づけば夕方になっていることも・・・
 
でもそういう生活本当に生態系リズムもくるってしまうし
精神的に悩まなくていいことまで考えてしまって一人だからなおさら解消する術も
なく悪循環になっていくので出張先ではつとめて太陽の光を浴びて
歩いてみたことのない景色をみて
脳と身体両方を健康に保つようにしています。
 
散歩 効果
この2つのキーワードで検索すると分かりますが
一定の速度で5分以上歩くと脳からセロトニン分泌され、前向きな気持ちになり爽快感が得られるそうです。
 

 

 

 

古町をあるいてしばらくすると新潟の総鎮守で白山神社につきあたります。
新潟県人としてたとえ新潟市から遠く離れている上越市民であっても
人生1度は
越後一の宮である弥彦神社
そして
新潟総鎮守であるここ白山神社
多くの人は初詣やご参拝にきたことがあるはずです。
 
私も小さなころ大晦日の夜家族で車で出発してここ白山神社に初もうでに来たこと
思い出されます。
 
 
その新潟県人なら知らぬ人はいない白山神社
今年・2017年は白山開山1300年の大祭という記念すべき年なのだそうです。
 
今回新潟出張に来る前に事前リサーチしていてとても楽しみに
本当に久しぶりご参拝のご縁をいただくことができました。
 
ここは新潟市
いつもと違い
市内の古町にある老舗ホテル イタリア軒を予約した
いつもと違い
市内の仕事会場を予約した
そして仕事場まで歩く途中に白山神社があった
 
ちょうど白山神社が開山1300年の節目で大祭であった
 
私は流れというさからえない・さからわないほうがいいご縁にいつも導かれている実感があります。
全国至ると事でこういう偶然の必然に遭遇しています。
 
知らない人からしたら
「絶対事前に知っていただろう?」
そう思われても不思議ではない私も驚く偶然が多々あるんです。
 
私はいいことには流れに逆らわないようにしています。
「あぁ今そういう潮目にのっているのだなぁ」と感謝の念は忘れずに。
 
 
ところで、白山神社
確か怪しい知識では「石川県に総本山があったはず」
ちょっと由緒を確認してみます。
 
歴史
 

白山神社の御祭神、菊理媛大神(白山大神)は別名を、白山比咩(しらやまひめ)大神と言い、加賀の霊峰白山頂上に祀られている女神さまで、 この神様を勧請して新潟の地に祀ったものです。

菊理媛大神(くくりひめのおおかみ)は農業の神、海上の神、そして国家、 郷土の守り神として広く人々より尊崇されていました。

菊理媛大神は願うことを正しくよりよい方法でお導きくださり、乱れた糸をくくり整えるように融和され仲を取り持ち和す縁結びの神様であります。

 

やはり石川県の白山山頂の女神様を新潟に勧進してきたのですね。

 

白山神社の建立の年代は永禄(1558~)・天正(1573~)の二度の火災で旧記を失い知ることはできませんが、 延喜(901~)とも寛治(1087~)ともいわれています。
しかし、元亀年中(1570~)に、 白山神社別当だった宝亀院住職憲海が五寸の十一面観音銅像、宝剣、鏡を白山神社に安置したことが記録に残っています。 戦国時代には上杉景勝が戦勝の帰途に鏡と啓を寄進。当時すでに大社であったことがわかります。
 
新潟に古くから鎮座されてた女神様です。

 

 
 
5月初旬はどこにいっても藤の花が綺麗で上品で心惹かれます。

 

はくさんさまはどういう神様ですか

という白山神社公式ホームページの文章を引用させていただきます。

白山大神さまは「菊理媛大神」と申され、別名を白山比咩(しらやまひめ)大神と申される女の神様であります。


長いですが。

  1. 日本書紀に書かれている神様で、伊邪那岐伊邪那美の夫婦の神様がけんかをしたときにお二人の間に入って、仲を取り持ったという神様で、ここから縁結びの神様と言われているのです。よく女の神様の神社におまいりすると、神様がやきもちを焼いてそのカップルは別れるなどと言われますが、菊理媛大神(白山大神)はけんかしている二人をより強く結びつけた神様ですので、別れるどころかより強く二人を結びつけて下さることでしょう。
    ここから「縁結び」の神様、「夫婦円満」「家内安全」の神様とされております。
  2. くくりひめの「くく」は、物事を「くくる」意味で、乱れた糸をくくり整えるように、男女の仲を取り持つ縁結びの神様であります。
    私たち日本人は古くより「むすび」を大切にしてまいりました。
    結婚することを古くは「妹背(いもせ)の契りを結ぶ」と申して、婚姻を結ぶことは、お二人が夫婦として結ばれるだけでなく、両家のご家族が結ばれ、代々のご先祖さまが結ばれることであります。そうした「むすび」の中で私たちの家は連綿と栄え続けているのです。
    人が一番初めに縁を結ぶのは親子の縁であります。
    人と人とのつながり、「むすびつき」により私たちは日々、生活しております。
    はくさんさまは日々の生活の中でよりよき縁を授けて下さり、より強く結んで下さる神様であります。
  3. くくりひめの「くく」は「ききいれ」とも解され、男女二神の仲取持ちをして、女神の言うことを男神に聞入れ、男神の言うことを女神に聞入れた功により負う名で「聞入れの神」であると言われております(平田篤胤
    いつでも、どこでも、あなたが正しく願う誠の声を聞かれると、直ちに「聞入れ」て下さり、一番いい方法で、あなたを救って下さるのです。はくさんさまはお願いを聞入れて下さる神様なのです。
  4. くくりひめの「くく」とは木の祖神「句句廼馳の神」(くくのちのかみ)と申し上げて木がぐんぐん伸びていく様を。また、宇宙の大生命がぐんぐん伸び栄えてゆく生命の勢いを「くく」と表現し、「理」は「天の神を理といい、地の神を気という」と古書にあり、天の神様の事で、「媛」は女神、母性、万物を生み出すという意味であります。伊邪那岐伊邪那美命は山川草木いきとし生けるものをお生みになった神様で、生命の発展向上を表現された神様で、はくさんさまは万物の生命の弥栄、すなわち繁栄をつかさどる神様です。ご家族にあっては、子孫繁栄、家内安全、また、安産祈願や子授け、子宝祈願、お子様のお宮まいりや七五三で益々のご家族の繁栄を。また、商売、仕事では、事業繁栄、商売繁昌の神様としてもご利益があるとされ、ご利益は多岐にわたっており、新潟市内、県内では有名であります。
    管窺武鑑、北國太平記によると、天正十三年(1585)白山島には上杉景勝新発田重家が戦った白山城(新潟城)があり、城内に白山大神をおまつりし、商人であふれ賑わっていたという記述が見られ、当時より商売繁昌の神として崇められていたのがわかります。
  5. 「くくる」は水を潜る(くぐる)ということから禊祓(みそぎはらえ)の神様でもあります。古くより水には神秘的な力が宿ると信じられ、けがれや汚き心を除き、身を清める、心を清める力があるとされてきました。これは災いや厄など災難、不幸をはらってくれる御力のことであり、厄除け、災難除け、車のおはらいにご利益のあるおはらいの神様であります。
  6. くくりひめさまは女の神さまで生む力と育て成育させる力を持った神様でいらっしゃり、生命の親神様と崇敬されております。白山から流れでる生命の源、水を司り豊富な水資源により北陸の流域に農耕、殖産興業を起こし人々の生活を豊かにして下さいました。境内には米蔵が建ち並び秋には収穫の感謝を込めたお米がたくさん奉納されました。また、神社は湊の先端に位置し燈明は海上の目印となり、海上安全、大漁満足の神様としても崇められておりました。その後、堀が張り巡らされた新潟の湊町を水害から守って下さる水の神様であり、五穀豊穣、農産守護の農業の神様でもあります。境内には、子宝、子育てにご利益のある道祖神など由来するものが多数あり、古くより、総鎮守、氏神さまとして、多くのお宮まいり、七五三のお子様がおまいりに訪れます。
  7. 白山さまは地主神、産土神として新潟町の生成から新潟の発展に御力を尽くされた新潟開拓の守護神、鎮守さまとしての御神徳を発揚される建築、 家造りにもっとも関係の深い神様であります。家を建てる時は工事始めの地ならしをすると同時に土地を祓い清め地鎮祭を行い安住の地といたしましょう

なんだか色々なご利益をいただける女神様のようです。

第一が

縁結びや何かとのご縁を結んでくれる神様のようです。

 

「これは私もいいご縁いただけるようにお祈りしておかないと!」

 

歯や医療安全の神様でもあるようで・・・

 
そして御朱印が趣味の私にとって最大の楽しみで目的
白山開山1300年の2017年の1年間限定の御朱印御朱印帳をいただきに
参ります。
 
上の写真
春限定のピンクの御朱印
通常の白い御朱印
両方ともに特製の和紙に記されています。
 
特製御朱印の説明
 
押されている朱色の四角い印
「牛王法印(ごおうほういん)」と言うそうです。
 
和紙は「二俣和紙」というそうで、白山開山と同じく1300年の歴史をもつ由緒ある和紙。
加賀百万石の加賀藩の御料紙としてずっと使われてきた和紙なのだそうです。
 
御朱印帳も開山1300年の今年限定デザインのものを買い求めました。
赤と青2種類あって両方とも。
それに春限定のピンクの和紙の特製限定和紙の御朱印
 
本当に記念になりました。
ずっと大切に記憶にとどめます。
 
もちろんきちんと神様にご参拝
新潟県新潟市でお仕事をさせていただけることにも感謝
 
そして神社左側にはこのような
白山開山1300年
御神石 くくり石なるものが・・・
 
白山は石川県にあり
富士山
白山
この三山で「日本産名山」と呼ばれています。
 
白山開山1300年を記念して特別に切りだされたのがこのくくり石。
男女の縁
仕事との縁
家族の縁
学校との縁
その他様々なよいご縁に恵まれより多くの幸に恵まれるように願うものとしてこちらに
置かれています。
 
このくくり石のはるか300キロ先には白山の頂上があります。
その山頂に白山の奥宮が鎮座しています。
そこには行くことはできませんが、こうして直接申請なるくくり石に触れてパワーをいただき
白山をお詣りしたことに致します。
 
 

 

そして白山神社は白山公園が隣接しています。

そこには登録有形文化財の「燕喜館(えんきかん)」という建物があります。

 

 

明治から昭和にかけて活躍した商家、斎藤喜十郎家の邸宅の一部(明治41年()建築)を、平成9年()に東堀通7番町から白山公園内に移築再建したもの。

新潟市の中心部において明治期の風情に触れることのできる貴重な存在となっていたが、この邸宅の内、「燕喜館」と呼ばれていた接客部分を市に寄付されたことから、新たな茶室などを付加して白山公園の一画に移築再建した。

現在では見学の他、文化活動を行う場として貸し出されている。


(ウィキディアより)

 

普段は400円でお抹茶か珈琲がいただけます。

 

 

この日は紅遊舎びんゆうしゃ)さんとい、新潟市で沖縄の伝統工芸「紅型染め」を中心に染色を楽しんでいるグループの作品展を開催中でしたので入場無料で見学してきました。

 

 

見学して館をでるとき色々な催しのチラシがあったので気になるものをピックアップ

 

見学はできなくても非常に新発見がありました!

 

「出版文化と越後人」

地味な印象の新潟と新潟県

 

しかし出版会には着実な足跡を残していました☆

 

博分館の創業者→大橋 佐平(長岡市出身)

実業之日本社の創業者→増田 義一(我が上越市出身)

ダイヤモンド社の創業者→石山 賢吉(新潟市出身)

第一書房の創業者→長谷川 巳之吉(出雲崎町出身)

 

新潟県人でもほとんどこの事実は知らないのではないでしょうか?

 

本当に今回新潟にきて学ぶことや得ること

とても多い出張であります・・・

 





山川シンクロヒーロー

 
 
 
 

今日から!

 
 
 
あーす・じぷしーへのお手紙を募集します
 
 
 
毎日、1通〜2通、
このブログでお返事を書かせてもらいますね!
 
 
 
ワクワクについての質問や、旅について、恋について、宇宙について…
 
 
 
日常の疑問や、悩み、相談…なんでも構いません
 
 
 
手紙と聞くと長いものを思い浮かべるけど、
これが聞きたい!だけの短いものでも構いません
 
 
 
ぜひぜひ、お待ちしています
 
 
 
宛先はこちらです  
 
ニックネーム
性別
都道府県
 
ご明記ください
 
 
アメブロのコメント欄でもOKです
 
 
 
 

       最新記事が届きます

     

   
 

 

 

 

 

 

おすすめ記事
  /   /  
 
 

 

 

 英訳 

記事の英語版が出ました。英語圏の方にも届けれるようになりました

非自由にシェアしてくださいこれからどんどん増えていきます

 

 

 

 

 

 

 

|あーす・じぷしー書籍 

 

 

オススメ1st Book。会社員からペルーへの旅、あーす・じぷしーになるまでの軌跡。


  
読むと人生が変わってしまう不思議な本です。
※写真左は現在発売中の1周年豪華カバー版

全国の書店またはamazonで購入いただけます。
amazon


3・11、母との葛藤、就職、多忙な仕事、前兆、臨死体験・・前兆とは?ワクワクとは?

 

あーす・じぷしーSNS
//

maho BLOG

共感覚のmahoが心の大切さや目に見えない世界を色で説明しています。英語に翻訳も進んでいます!

 

こちらにいいねしていただくと、naho mahoのBLOGやイベント情報が届きます

 

 

 

2016/9/13発売

 

山川紘矢・山川亜希子 あーす・じぷしーNaho&Maho

 



 

Amazon楽天でも購入できます