ひかりの変わらない日々

ひかりの聞きたいことあれこれ

山川のセール通販情報、本当のトレンドをあなたにお届けします

山川はドラマだ


「GⅠ第31回レディースチャンピオン」
準優日のシリーズ5日目を迎えました。




(台風5号の足音が聞こえ始めた芦屋。
 ピット内の風速計では10mを超えることもしばしば)


(準優1号艇に臨む小野生奈選手)

(優勝への道を突き進みたい日高逸子選手)

(遠藤エミ選手、大瀧明日香選手、今井美亜選手)

(細川裕子選手と守屋美穂選手)


(川野芽唯選手と倉田郁美選手)

(渡邉優美選手)

(寺田千恵選手と五反田忍選手)


池田浩美選手と長嶋万記選手)

(竹井奈美選手がイン逃げと3コースまくりで今日2連勝。
 予選30位に終わった悔しさを晴らすような一日に。
 節間4勝は日高選手と並んで今節トップタイの数字です)


(2Rで平田さやか選手、7Rで櫻本あゆみ選手が5コースまくり差し
 昨日まで未勝利だった東京支部勢が今日2勝をあげ、
 万舟2発を提供して意地を見せてくれました)

(香川素子選手は3Rイン逃げで今節初勝利

(8R、津田裕絵選手がブイを擦りながらの差しハンドルも、
 インから逃げる三浦永理選手にはあと一歩届かず)

(三浦永理選手は8Rイン逃げで今節3勝目。
 これで近況イン12連勝に)

(原田佑実選手は3R2着で今節初2連対。
 そして明日8月6日が誕生日。
 4R3号艇でバースデイウィンを狙います)

(初日にフライングを切った西村歩選手が
 昨日・今日と2着連絡みで立て続けに万舟に貢献)

(中村桃佳選手は9Rイン逃げでGⅠ2勝目)

(大豆生田蒼選手は明日2R1号艇。
 ようやく巡ってきた今節初の1号艇で、
 GⅠ初1着水神祭を目指します)

(津田裕絵選手は2・3・2・3・5・2・2着。
 明日1Rと6Rで待望のGⅠ初白星となるでしょうか)

(10R発売中の12R組スタート特訓。
 1本目は枠なりだったものの、
 2、3本目は⑤山川選手が2コースに入る姿が)






さて今日のレース結果は、


1R ①竹井 奈美 1コース逃げ
2R ⑤平田さやか 5コースまくり差し3連単21960円)
3R ①香川 素子 1コース逃げ
4R ①藤崎小百合 1コース逃げ
5R ①角 ひとみ 1コース逃げ
6R ③竹井 奈美 3コースまくり (3連単13250円)
7R ⑤櫻本あゆみ 5コースまくり差し3連単12350円)
8R ①三浦 永理 1コース逃げ
9R ①中村 桃佳 1コース逃げ
準優10R ④松本 晶恵 4コースまくり差し3連単10180円)
準優11R ①日高 逸子 1コース抜き
準優12R ①小野 生奈 1コース逃げ



【今節上がりタイムベスト5】
1 松本 晶恵 1:48.7 (初日3R)
2 長嶋 万記 1:48.9 (4日目7R)
3 岸  恵子 1:49.1 (4日目9R)
3 守屋 美穂 1:49.1 (初日11R)
5 今井 美亜 1:49.2 (初日1R)


【今節の部品交換状況】
山川美由紀 ①リング4本・ピストン2個・シリンダ・電気一式・キャリアボデー、①キャブレター
高橋 淳美 ②リング4本
谷川 里江 ②ピストン2個
新田 芳美 ①リング4本・ピストン2個・シリンダ、③キャリアボデー
海野ゆかり ⑤リング2
池田 明美 ①キャリアボデー
池田 浩美 ②リング4本・ピストン2個・シリンダ
大瀧明日香 ②リング3本
田口 節子 ①リング4本・ピストン2個・シリンダ・キャブレター・キャリアボデー
平田さやか ②キャリアボデー
藤崎小百合 ④キャブレター
川野 芽唯 ②キャリアボデー
津田 裕絵 ⑤新プロペラ
平高 奈菜 ②リング4本、⑤ギヤケース
山下 友貴 ②リング4本・ピストン2個・シリンダ・キャリアボデー
守屋 美穂 ③リング2
樋口由加里 ②キャリアボデー、④キャブレター
竹井 奈美 ①リング4本・ピストン2個・シリンダ
渡邉 優美 ①リング4本・ピストン2個・シリンダ
(※○内の数字はシリーズ○日目。青字は準優組)


【今節支部別1着回数】
福岡支部 15勝(日高④、竹井④、小野生③、藤崎②、川野①、渡邉優①)
岡山支部 9勝(堀之内②、田口②、守屋②、喜井②、樋口①)
静岡支部 6勝(三浦③、長嶋②、池田浩①)
徳島支部 4勝(岸③、岩崎①)
愛知支部 3勝(細川②、大瀧①)
滋賀支部 3勝(遠藤②、香川①)
大阪支部 3勝(高橋淳②、五反田①)
香川支部 3勝(中村②、山川①)
広島支部 3勝(角②、海野①)
山口支部 3勝(佐々木③)
群馬支部 2勝(松本②)
東京支部 2勝(平田①、櫻本①)
福井支部 2勝(今井美②)
兵庫支部 2勝(中谷②)
埼玉・三重支部 0勝
佐賀・長崎支部 0人


【今節コース別1着回数】
1コース 27勝(逃げ26、抜き1)
2コース 7勝(まくり2、差し3、抜き1、恵まれ1)
3コース 6勝(まくり4、まくり差し1、抜き1)
4コース 14勝(まくり4、差し2、まくり差し8)
5コース 6勝(まくり2、まくり差し4)
6コース 0勝






さっそく話題は準優勝戦へ。
3個レースの結果は以下のとおりとなりました。


【準優10R結果】
1着 ④松本 晶恵 4コース ST.11
2着 ①細川 裕子 1コース ST.29
3着 ②田口 節子 2コース ST.12
4着 ③長嶋 万記 3コース ST.27
5着 ⑤樋口由加里 5コース ST.15
6着 ⑥喜井つかさ 6コース ST.16
決まり手=まくり差し


【準優11R結果】
1着 ①日高 逸子 1コース ST.08
2着 ④遠藤 エミ 4コース ST.10
3着 ②五反田 忍 2コース ST.18
4着 ⑥寺田 千恵 6コース ST.17
5着 ③中谷 朋子 3コース ST.15
6着 ⑤今井 美亜 5コース ST.14
決まり手=抜き


【準優12R結果】
1着 ①小野 生奈 1コース ST.09
2着 ②岸  恵子 3コース ST.13
3着 ④川野 芽唯 5コース ST.19
4着 ⑥守屋 美穂 6コース ST.18
5着 ③佐々木裕美 4コース ST.15
6着 ⑤山川美由紀 2コース ST.11
決まり手=逃げ



10Rは②田口選手が2コースからまくって先制するも、
④松本選手が4コースからまくり差して先頭へ。


2番手争いは①細川選手が2マーク好旋回で浮上。
2連単④①は11番人気で3110円の配当がつき、
3連単④①②は10180円の万舟決着となりました。

 

 


(中里優子選手がハイタッチでお出迎え)

(カメラに囲まれながら、もう慣れたように笑顔で応える④松本選手)

(2着で優出切符を確保した①細川選手)

(惜しくも3着に終わって無念の表情の②田口選手)

(③長嶋選手は痛恨のスタート遅れで4着)


(外枠の岡山コンビは攻め切れず5着、6着に)



11Rは②五反田選手が差してラップ状態に持ち込むも、
先マイした2マークでターンが流れる間に
①日高選手④遠藤選手が差し抜ける展開に。


2連単①④は450円の1番人気決着となりました。

 

 


(両手で心臓をおさえながらホッとした仕草の①日高選手)

(いつもはヘルメットを被ったまま足早に引き揚げる①日高選手も、
 今日ばかりはカメラマンの要望に応えてヘルメットを脱ぎ、
 満開の笑顔を見せていました)

(④遠藤選手は2着で優出切符を手にするも、
 なにやら首をひねりながら引き揚げていく姿が)

(3着の②五反田選手と4着の⑥寺田選手)

(③中谷選手は5着で2年連続優出はならず)

(⑤今井選手も6着で2年連続優出はならず)



12Rは⑤山川選手が動いて①⑤②/③④⑥の進入に。

①小野選手がインからコンマ09のトップスタートで逃げ、
3コースから握った②岸選手が2着に入線。


2連単①②、3連単①②④の1番人気決着となりました。

 


(盛大に出迎える選手たちに向かってペコッと頭を下げる
 いつもの姿でピットに戻ってきた①小野選手)

(11Rで優出を決めたばかりの日高選手が出迎え、
 ポンッと背中を叩いて祝福している姿が)

(同じく11Rで優出を決めた遠藤選手もお出迎え)

イン逃げ快勝でシリーズリーダーの座を守った①小野選手)

(祝福の声に手をあげて応える2着の②岸選手)

(無念の3着も鬼気迫る追い上げで魅せた④川野選手)

(6コースから4着に終わった⑥守屋選手。
 5人を準優に送り込んだ岡山勢ですが一人も優出ならず)

(③佐々木選手は惜しくもあと一歩が届かず5着)

(進入で見せ場を作るも6着に終わった⑤山川選手)






というわけで優勝戦のメンバーが決まりました、
がその前に、


賞金ランキングを考えると
10Rと11Rの選抜戦も重要な戦いに。
(※カッコ内の順位は女子賞金ランキング)


【特別選抜B戦10R出走表】
①佐々木裕美 (49位、今期1コース1着率77%)
②中谷 朋子 (17位、今期1コース1着率8%)
③樋口由加里 (13位、今期1コース1着率19%)
④山川美由紀 (3位、今期1コース1着率25%)
⑤今井 美亜 (18位、今期1コース1着率21%)
⑥喜井つかさ (52位、今期1コース1着率0%)


【特別選抜A戦11R出走表】
①田口 節子 (11位、今期1コース1着率74%)
②五反田 忍 (31位、今期1コース1着率21%)
③川野 芽唯 (7位、今期1コース1着率19%)
④長嶋 万記 (1位、今期1コース1着率43%)
⑤寺田 千恵 (5位、今期1コース1着率14%)
⑥守屋 美穂 (21位、今期1コース1着率13%)


なお選抜戦の賞金は以下のとおり。
オールレディースや一般戦の優勝戦に匹敵する額です。


【特別選抜A戦11R賞金】
1着 100万円
2着 70万円
3着 50万円
4着 40万円
5着 37万円
6着 35万円


【特別選抜B戦10R賞金】
1着 70万円
2着 48万円
3着 35万円
4着 30万円
5着 27万円
6着 25万円





というわけで改めて、優勝戦のメンバーが決まりました。
(※カッコ内の順位は女子賞金ランキング)


【優勝戦12R出走表】
①小野 生奈 (9位、優出45回目・優勝8回、GⅠ優出3回目)
②日高 逸子 (10位、優出325回目・優勝72回、GⅠ優出15回目・優勝2回)
③松本 晶恵 (6位、優出61回目・優勝9回、GⅠ優出3回目・優勝1回)
④細川 裕子 (8位、優出53回目・優勝8回、GⅠ優出3回目)
⑤岸  恵子 (25位、優出68回目・優勝9回、GⅠ優出2回目)
⑥遠藤 エミ (2位、優出70回目・優勝17回、GⅠ優出3回目)



女子賞金ランキングトップ10から5人が優出。
やはり今年充実の戦いを見せてきた選手たちが
夏の大一番でもV争いを沸かせる存在となってきました。


ちなみに優勝戦の賞金は以下のとおりです。


【優勝戦12R賞金】
1着 1000万円
2着 380万円
3着 270万円
4着 190万円
5着 160万円
6着 140万円



小野生奈選手は4・1・2・1・2・2・①着で
初日ドリーム戦4着のあとはオール2連対。


快速モーター19号機をきっちり仕上げ、
準優でも展示トップタイムをマークするなど
今節7走オール展示一番時計という驚異の韋駄天ぶりです。


【今節平均展示順位ベスト5+α】
1 小野 生奈 1.00(優勝戦1号艇)
2 日高 逸子 1.14(優勝戦2号艇)
3 堀之内紀代子 1.43
4 今井 美亜 1.57
5 佐々木裕美 1.67

8 松本 晶恵 2.00(優勝戦3号艇)
12 細川 裕子 2.29(優勝戦4号艇)
12 岸  恵子 2.29(優勝戦5号艇)
12 遠藤 エミ 2.29(優勝戦6号艇)


これでレディースチャンピオンは4回出場して優出3回目
昨年は優出2着の準Vで女王戴冠を逃しましたが、
今年はそのひとつ上へ王手をかけました。


勝戦1号艇はこれまで5回あり、
昨日も書きましたが1・1・1・1・1着で無傷の5連勝中

しかもそのSTがコンマ04、09、04、10、07で、
インから鋭発ショットで逃げ切るレースが続いています。


もし優勝となれば昨年11月のびわこヴィーナスシリーズ以来。
今年初Vでレディースチャンピオンを制すのでしょうか。


芦屋は10年5月にデビュー初1着の水神祭を飾った水面。
明日はGⅠ初Vの水神祭で再び芦屋水面に舞いたいところです。



日高逸子選手は1・3・1・4・2・1・①着で優勝戦2号艇に。
地元のエースとして貫禄の戦いを見せてきました。


レディースチャンピオン優出は
12年若松大会以来で5大会ぶり11回目


初日にも書きましたが、九州地区で開催されたレディースチャンピオンは、
これで4大会すべて優出という圧倒的な強さです。


今節はここまで7走で展示一番時計6本
小野選手に負けず劣らずの快速ぶりを披露。


またこのあとF休み(8/7~9/5)が控えている状況ながら
今節平均STコンマ12と鋭い踏み込みを見せてきました。


【今節平均STベスト5+α】
1 藤崎小百合 ST.10 ST順1.43
2 大豆生田蒼 ST.12 ST順2.14
3 岸  恵子 ST.12 ST順2.29(優勝戦5号艇)
4 日高 逸子 ST.12 ST順2.43(優勝戦2号艇)
5 松本 晶恵 ST.12 ST順3.00(優勝戦3号艇)

7 遠藤 エミ ST.13 ST順2.29(優勝戦6号艇)
29 小野 生奈 ST.17 ST順3.00(優勝戦1号艇)
37 細川 裕子 ST.18 ST順3.86(優勝戦4号艇)


芦屋ではこれで3節連続30回目の優出。
明日は当地5回目の優勝を狙う戦いです。


今期2コースは15戦6勝で1着率40%の好成績。
05年以来となる13大会ぶりの女王奪還を目指します。


15年9月の芦屋オールレディースで優勝してから
勝戦は現在16連敗中の日高選手。
レディースチャンピオンの大一番で連敗ストップとなるでしょうか。


ちなみにレディースチャンピオンの最年長V記録は、
12年若松大会での山川美由紀選手で45歳。
55歳の日高選手が優勝すれば一気に10歳も記録更新です。


今年3月のレディースオールスターでは50歳の山川選手が優勝したばかり。
レディースチャンピオンも50代のベテランが制すのでしょうか。



松本晶恵選手は準優で底力を見せて勝ち上がり成功。
1・2・3・4・2・3・①着で優勝戦3号艇に座ります。


これで昨年のクイーンズクライマックス(優勝)と
今年のレディースオールスター(優出3着)に続いて
女子ビッグレース3戦連続の優出。


レディースチャンピオンは14年三国大会に続く
3大会ぶり2回目の優出となりました。


今期3コースは12戦4勝で1着率33%と上々の数字。
今節初日3Rでの1着が3コースからでした。

ちなみにそのとき出した1分48秒7は、
未だ誰にも破られていない節間トップタイムです。


今年はこれが7回目の優出となった松本選手。
優勝となれば昨年の大晦日、
クイーンズクライマックスでティアラ戴冠を果たして以来です。


もしレディースチャンピオンとクイーンズクライマックスの
女子GⅠダブルタイトルとなれば日高選手に続いて2人目。
赤いカポックで頂点を狙います。



細川裕子選手は準優でイン戦2着に終わるも、
2・3・2・1・3・1・②着とオール3連対で優出。


レディースチャンピオンは12年と15年に続く
2大会ぶり3回目の優勝戦進出で、

3月のレディースオールスター(優出5着)に続いて
女子ビッグレース2戦連続優出となりました。


今年ここまで8優出2Vと充実ぶりが光り、
女子賞金ランキング8位につけている細川選手。


クイーンズクライマックス初出場を目指すうえで
大きな価値のある優出となりました。


ちなみにレディースチャレンジカップ初出場は
もう当確ランプが灯りそうな状況です。


明日の優勝戦は4号艇で登場。
12年多摩川レディースチャンピオンでは優勝戦4号艇で2着、
15年丸亀レディースチャンピオンでは優勝戦4号艇で5着、
今年3月の宮島レディースオールスターでは優勝戦4号艇で5着と、
過去3回の女子ビッグレース優勝戦はすべて4号艇だった細川選手。
明日こそ四度目の正直で栄冠を狙います。


もし東海地区勢の優勝となれば03年の本部めぐみ選手以来。
あの14年前の芦屋大会以来になります。



岸恵子選手は1・1・4・2・4・1・②着。
レディースチャンピオン出場17回目でついに初準優出を果たすと、
勢いそのままに優勝戦までのぼり詰めました。


今節は2連対率2位の好モーター17号機を引き当て、
連日圧巻のパワーを見せる充実の戦いぶり。
岸選手らしさを存分に発揮してきました。


明日の優勝戦は5号艇で登場。
女子屈指のアウト巧者だけに外枠でも侮れない存在です。


もし優勝となれば昨年10月の戸田男女ダブル戦以来。
ちなみにあのときが5コースまくり一撃で9万舟を出しての優勝でした。


岸選手は現在女子賞金ランキング25位で、
ベスト12ボーダーまでは約355万円差。
一気にその差を詰めるチャンスがやってきました。


14年レディースチャレンジカップに続く
2つ目の女子ビッグタイトルを狙います。



遠藤エミ選手は1・2・4・3・6・1・②着。
さすがの勝負強さを見せて勝ち上がってきました。


レディースチャンピオンは昨年に続いて2年連続2回目の優出。
昨年はクイーンズクライマックスでも優出しており、
これで女子GⅠ3戦連続優出となっています。


昨年のレディースチャレンジカップに続く
2つ目の女子ビッグタイトルを目指し、
明日の優勝戦は6号艇で登場。
大外枠でどんなレースを見せるのか楽しみは尽きません。


遠藤選手は現在女子賞金ランキング2位で、
首位の長嶋選手とは約164万円差。
ここで逆転トップに立つチャンス充分です。


ちなみに遠藤選手は次節がびわこオールレディース(8/11~16)。
女王となって地元凱旋を果たしたいところです。





というわけであと1日を残すのみとなった
芦屋GⅠレディースチャンピオン


果たして第31代女王のVゴールを駆け抜け、
先頭でチェッカーフラッグを受けるのは誰になるのでしょうか。







【'17 女子賞金ランキング】 (8/5現在)
1 長嶋 万記 24,920,500円 (今年6V)
2 遠藤 エミ 23,278,500円★(今年3V)
3 山川美由紀 20,859,500円 (今年3V)
4 平高 奈菜▽19,857,900円 (今年1V)
5 寺田 千恵 18,956,400円 (今年2V)
6 松本 晶恵 18,477,000円★
7 川野 芽唯 17,141,840円 (今年1V)
8 細川 裕子 16,642,000円★(今年2V)
9 小野 生奈 16,613,000円★
10 日高 逸子▽16,460,400円★
11 田口 節子 16,315,200円 (今年2V)
12 海野ゆかり 16,242,500円 (今年1V)
――――クイーンズクライマックスボーダー――――
13 樋口由加里 15,796,900円
14 三浦 永理 15,731,340円
15 山下 友貴 15,603,900円 (今年1V)
16 谷川 里江▽15,435,200円 (今年1V)
17 中谷 朋子 14,862,900円
18 今井 美亜▽13,984,500円
19 落合 直子 13,958,670円
20↑竹井 奈美 13,795,000円
――――レディースチャレンジカップボーダー―――
21↓守屋 美穂▽13,786,000円 (今年1V)
22 大瀧明日香 13,607,000円 (今年1V)
23 中村 桃佳 12,752,000円 (今年1V)
24 津田 裕絵▽12,721,170円
25 岸  恵子 12,690,500円★
26 水口 由紀 12,499,000円 (今年1V)
27 藤崎小百合 12,430,500円 (今年1V)
28 堀之内紀代子▽11,909,340円
29 宇野 弥生▽11,750,500円
30 金田 幸子 11,384,000円
(※★は今節芦屋優出メンバー。
 昨日より順位が上がった選手は↑、下がった選手は↓。
 ▼はF休み中、▽はF休み未消化)



【F休み中の女子レーサー】
松瀬 弘美 7/8~8/6
内田亜希子 7/12~8/10
向井田真紀 7/14~8/12
大橋 由珠 7/14~8/12
武里奈子 7/14~8/12
松尾 夏海 7/16~8/14(L休み)
倉持 莉々 7/18~8/16
寺島 美里 7/18~8/16
白石 有美 7/18~8/16
中川 りな 7/24~8/22
薮内 瑞希 7/24~8/22
大澤 真菜 7/26~8/24
蜂須 瑞生 7/26~8/24
中澤 宏奈 6/26~7/25、7/26~8/24(L休み)
深見亜由美 8/1~8/30
黒澤めぐみ 6/22~9/19(F2、90日間)
水野 望美 7/5~10/2(F2、90日間)
小芦るり華 5/16~10/12(F3、150日間)


【F休み未消化の女子レーサー】
日高 逸子★8/7~9/5
渋田 治代 8/7~9/5
津田 裕絵★8/7~9/5
櫻本あゆみ★8/7~9/5
守屋 美穂★8/7~9/5
伊藤葵和子 8/8~9/6
下野 京香 8/15~9/13
平高 奈菜★8/17~9/15
高田  綾 8/17~9/15
清水さくら 8/17~9/15
若狭奈美子 8/24~9/22
木村 詳子 8/24~9/22
池田奈津美 8/28~9/26
久保田美紀 8/31~9/29
池田 浩美★8/31~9/29
藤堂 里香 8/31~9/29
藤原 菜希 8/31~9/29
富樫 麗加 8/31~11/28(F2、90日間)
渡邉真奈美 8/31~9/29
梅内夕貴奈 8/31~9/29
谷川 里江★9/3~10/2
深尾 巴恵 9/3~10/2
西 茂登子 9/7~10/6
堀之内紀代子★9/7~10/6
宇野 弥生★9/13~10/12
西村  歩★9/13~10/12
土屋実沙希 9/13~10/12
瀧川 千依 9/13~10/12
福岡 泉水 9/13~10/12
今井 美亜★9/25~10/24
渡邉真奈美 9/30~11/28(F2、60日間)
(※★は今節芦屋出場メンバー)


【女子レース斡旋停止】
永井 聖美 7/29~1/28(6カ月間)

山川をマスターしたい人が読むべきエントリー50選

​​

 生まれもった宿命を活かし

    自ら運命を切り拓く

​​​​​

ロイヤルエレメントカウンセラー

開運メイクアドバイザーの山川かすみです

 

九星別今週の運勢が更新されました

 

 

 

九星別運勢【2017.08.07〜13

 

 

 

 

 

本命星はこちらでチェック

 

 

気になる今週の九星別運勢は…

 

 

 

 

本日もお読みいただきありがとうございました

 

 

Kasumi

 

 

 

 

 

 

◆ご提供中のメニューはこちら

http://ameblo.jp/jasumin1987/entry-12297781951.html

 

◆お問い合わせ