ひかりの変わらない日々

ひかりの聞きたいことあれこれ

山川ブランド通販ショップ

山川に必要なのは新しい名称だ

 

夫)  ただいまー

       ケーキ買って来たよ ドヤ顔
 
私)  どうしたの?
 
夫)  結婚記念日だから
 
結婚記念日にもケーキ食べるの?
 
 
…それより、、
 
 
 
今日は、8月9日 
 
結婚記念日は、8月10日
 
間違えてるよね
 
 
でも、お祝いしてくれる。
うちの夫は、優しいです (笑)
 
 
 
MIKA
 
 
追伸
最近、"山川さーん、頑張って下さい"
の他に、"山川さーん、奥さんのBlog見てまーす"
…と、言ってくださる方もいらっしゃるそうで、
 
ありがとうございます
 
くれぐれも、
"山川さーん、今日が結婚記念日ですよー!!"
なんて、お声がけが無い事を祈ります(笑)ププ
 
 
 
 




山川の魅力って

 

(8/7)

 

 

台風5号の発達した雨雲がかかっている影響で、山梨県大阪府で局地的に1時間に100ミリ以上の猛烈な雨が降り、このうち山梨県大月市では、発達した積乱雲が線状に連なる「線状降水帯」がかかってこの3時間に降った雨の量が210ミリを超え、平年の8月1か月分に匹敵する大雨となっています。

 

土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水に厳重に警戒し、お年寄りや山沿いや川沿いに住む人などは安全な場所に早く避難してください。

 

 

 

気象庁の発表によりますと、台風5号は、午後3時半ごろ和歌山県北部に上陸したあと、午後6時には奈良県五條市付近にあって、1時間に20キロの速さで北東へ進んでいると見られます。(引用終了)

 

台風5号は午後3時半和歌山に上陸しました。4日ので取り上げました8月22日は皆既日食と同時に新月ですが、新月になる時間は3時30分です。偶然なのかな?

 

台風5号は発生当初から奇妙な動きをする全くつかみどころのない台風です。気象庁は当初、九州に上陸してから東に方向を変えるような予測をしていましたが、九州南部、高知県の陸と海の際(きわ)をノロノロ進み、初めて上陸したのは和歌山となりました。

 

(7/31)より

 

 

これらの不思議なシンクロニシティから、「台風5号」の動きを予測してみました。田村さん、田代さんではなく、田中さんということは、日本列島の中心という意味だと思われます。

 

東海~近畿~四国の一部あたりに影響を与えるような気がします。左から堺市那智大社、金沢を中心に直線を引いてみました。あれ?右端の線は伊勢神宮のある辺りかなぁ?

 

熊野那智大社御神体那智の滝です。熊野権現から白山権現へ・・・山岳信仰の神です。作詞家の山川啓介さんがお亡くなりになり、と述べましたが、河川の水源は山からです。(引用終了)

 

九州南部から高知沖を進み、和歌山上陸とまでは予測しておりませんでしたが、「東海~近畿~四国の一部あたり」というのは予測通りでした。だから何?って話でもありますが・・・。

 

 

午後に上記のTweetが目に止まりました。米軍の予測は気象庁と違って、長野~群馬~栃木~茨城に抜けるような予測ですね~。う~ん 70(気象庁):30(米軍)って感じかなぁ?

 

8月4日、0さんの「田中さん4連発」

 

 

「3人の田中さん」はMさんでした。

① 金吾龍神社東京分詞で応対してくださった田中さん

② 白山比咩神社の御神事で指導して下さった田中さん

③ 堺市のステンレス工場の田中さん

実は、もう一人田中さんがおられるのですが、お身内の方なので気を利かして3人にしたのです。よって4人が本当です。m(__)m

 

今回はOさんでして、「4人の田中さん」です。

① レストランに予約を入れると、受付者が田中さん

② 床屋さんに予約を入れると、受付者が田中さん

③ 会社のお祝いの席で、田中さん親子と懇談

 

より

 

 

では、「鹿児島市は関係ないでしょう」と述べましたが、台風5号の影響を受けましたね。先月5日、豪雨被害を受けた地域が再度被災されなくてホッとしました。

 

島津紋は丸十字・・・大本本部・長生殿にも丸十字があり、「水のご用と火のご用」という記事を書き始めたのは、大本本部を訪れたことが切っ掛けでした。

 

(過去記事) 

 

 

 

 

 

 

田中さんが計8人登場しました(内緒の田中さんも入れて)。鹿児島市の他に中央構造線「中」という意味もあるのではないでしょうか。

 

九州と四国に位置する中央構造線の上は通りませんでしたが、和歌山に上陸した地点から茨城県鹿島灘に抜けていきそうな気がしないでもないのですよ~。

 

また、は現在4柱です。これから、最低でも3つの台風に悩まされるような気がします。

 

今後の台風5号の進路については、もう少し経たないと分かりませんが、速度が遅いために大量の雨を降らせますので、土砂災害、川の氾濫、冠水にご留意ください。