ひかりの変わらない日々

ひかりの聞きたいことあれこれ

山川をマスターしたい人が読むべきエントリー20選

山川は堂々通販ランキング入賞、各商品の特徴やリスク、使い勝手をプロのコメントとあわせて紹介します。

必要なのは

人生を変えたいと

願う心

から

変えようと

決める心

に移ることだ。

 

このフレーズに

ズキューン!

 

 

もっと「自分のため」に生きていい!

ジェン・シンセロ

そして翻訳は山川紘矢・山川亜希子夫妻です

 

 

 

願うことは簡単にできるけど

決めるということは

強い意志を持つことだ

と書かれていました。

 

 

心を決めるには

自分が好きなことや

やりたいことが明確になった方が

いいよなー

と思ったのですが

 

読み進めると

 

文中に・・・

 

考えてばかりいるのをやめて

行動に移そう。

ゴールを明確に知る必要はない。

よさそう

と感じることを一つやってみることが肝心だ。

そこからまた一つずつ

いい感じのことを続けていけば

かならずどこかに進んでいける。

 

と書かれていて…

 

おっ!そっちね

 

オッケー

 

今まで行動に移せずに

頭でっかちになっていたのは

完璧に準備してからじゃないと

ふ あ ん

だったからです

だけど完璧に準備なんてできないから

途中で嫌になったり

飽きたりして・・・

 

旅行の準備の時も荷物パンパン

忘れ物したって

よくよく考えてみたら

大抵のことはなんとかなるんですけどね

 

そうだ!そうだ!

大抵のことはなんとかなるさー

見切り発車で行ってみよ

 

そうしているうちに

強い意志を持つべく

やりたいことにつながっていくんだ

 

 

なにより

他の人と自分比べたり

他の人から自分がどう見えるか

気にしたりするのは

もうオワリにしよう。

 

完全に気にしないようになるには

まだ時間がかかりそうだけど

 

自分以外の他人のことで

頭の中をいっぱいにしているうちは

やりたいことなんてみつからない

ヒントさえ見逃してしまう

 

 

時間が足りなーいとか言いながら

 

 

他人に自分の貴重な時間を

渡しているようなもの

 

そう!もっと自分に時間をあげよう

自分で自分の話を聞いてみよう

自分のために生きよう

 

だぜぇ

 

 

 

沢山あるブログの中から

 

見つけて訪問いただき 

ありがとうございます!

 

 
いいね!や読者登録

とっても嬉しいです!!
 

 

また遊びにきてくださいね 

 

アディオス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





21世紀の新しい山川について

 

FC東京2017年体制が以下の通りとなった。

1.選手(括弧内は、前所属)
    GK1  大久保択生(Vファーレン)
    DF2  室屋成(明大)
    DF3  森重真人トリニータ
    DF4  吉本一謙ホーリーホック
    DF5  丸山祐市ベルマーレ
    DF6  太田宏介フィテッセ
    MF7  米本拓司(伊丹高)
    MF8  高萩洋次郎FCソウル
    FW9  ピーター・ウタカ
         (サンフレッチェ
    MF10梶山陽平トリニータ
    FW13大久保嘉人フロンターレ

    DF14チャン・ヒョンス広州富力
    FW15永井謙佑グランパス
    MF17河野広貴ヴェルディ
    MF18石川直宏マリノス
    MF19平岡翼(作陽)
    FW20前田遼一ジュビロ
    FW21ユ・インス(光云大)
    DF22徳永悠平(ア式)
    MF23中島翔哉カターレ
    MF24佐々木渉FC東京U-18
    DF25小川諒也(流経柏)
    DF26柳貴博(FC東京U-18
    MF27田邊草民(サバデル)
    MF28内田宅哉(FC東京U-18
    DF29岡崎慎(FC東京U-18
    GK30廣末陸(青森山田
    GK33林彰洋サガン
    MF34生地慶充(FC東京U-18)*
    MF35鈴木喜丈(FC東京U-18
    DF36山田将之(法大)
    MF37橋本拳人ロアッソ
    MF38東慶吾(アルディージャ
    FW44田中和樹(ヴェルディSS小山)**
    FW51リッピ・ヴェローゾ
          (パルメイラス
    MF52ジャキット
          (バンコク・ユナイテッド)
 
    *;筑波大所属
    **;浦和学院所属
    
2.スタッフ
    監督    篠田善之
    コーチ    安間貴義
   コーチ(U-23監督)    中村忠
    GKコーチ      ジョアン ミレッ
    フィジカルコーチ    矢野由治
   コンディショニングコーチ    上松大輔
    分析担当    近藤大輔
    トレーナー    平原陽二
    トレーナー    栗林史浩
    トレーナー    尾垣孝博
    フィジオセラピスト    前田伸悟
   通訳    石川桂
   ホペイロ    山川幸則
   マネージャー(主務)    安竜鎮
   マネージャー(副務)    原直之
    マネージャー兼通訳    飯野一徳
    マネージャー兼通訳    伴和暁

3.選手の加入・移籍
(括弧内は前所属、移籍先)
(1)IN
    大久保択生(Vファーレン)
    林彰洋サガン
    廣末陸(青森山田
    波多野豪(昇格)
    太田宏介フィテッセ
    岡崎慎(昇格)
    山田将之(法大)
    内田宅哉(昇格)
    鈴木喜丈(昇格)
    大久保嘉人フロンターレ
    永井謙佑グランパス
    高萩洋次郎FCソウル
    ピーター・ウタカサンフレッチェ)*
    リッピ・ ヴェローゾパルメイラス)*
 
    *;シーズン中に加入
   
(2)OUT
    秋元陽太ベルマーレ
   榎本達也(引退)
   圍謙太朗(セレッソ
   高橋秀人ヴィッセル
   水沼宏太セレッソ
   羽生直剛(JEF)
   野澤英之(岐阜)
   林容平トリニータ
   平山相太ベガルタ
   ムリキ(バスコ・ダ・ガマ
   ネイサン・バーンズ(サンフレッチェ)*
 
    *;シーズン中に退団

4.予想布陣:4-2-3-1(シーズン当初)
                             前田
                         大久保嘉
                             阿部
                            ユ・インス

中島                        東                        河野
内田                    佐々木                    永井
                             高萩                  バーンズ
                                                          平岡
                                                          石川

                   梶山            田邉
                   鈴木            橋本
                                       米本

徳永            丸山            森重            室屋
太田            岡崎            吉本                柳
小川                                山田

                               林
                         大久保択
                           波多野
                             廣末

6.新チームへの期待
(1)期待する成績
   リーグ戦3位以上
   または
   天皇杯orルヴァン杯獲得

(2)今年のポイント
   大久保、永井といった大物獲得で優勝の
期待が高まっているが、以下の理由から、
ややそれは期待のかけすぎと思われる。

①GKが全員入れ替えになり、最終ライン
   との連携づくりからやり直さなければ
   ならないこと。
②米本の負傷離脱や高橋の移籍により、
   中盤の守備の人材が手薄になっている
   こと。
③大久保嘉は昨年後半中盤に下がって、
   攻撃の組み立てに参加しながら、得点
   にも絡んでいたが、今年彼に求められる
   役割が昨年と変わることが予想される
   こと。
④昨年後半の東京のスタイルを継続する
   なら、両ワイドMFに守備のタスクが
   強く求められるが、右に永井、左に中島
   が入った布陣で前からのプレスが機能
   するかどうか不明であること。

   そこで、(1)の成績を目指すためには、
以下がポイントとなると思われる。

①GKと最終ラインの連携を早期に築き上げ
   ること。
②ワイドMFやボランチのボール奪取力を
   高め、昨年後半見せたハイプレス・
   ショートカウンターをより高めること。
③負傷の多い橋本拳人のバックアッパーを
   養成すること。

(3)今年鍵を握る選手
林彰洋
   正GK候補の一番手。守備が安定しない
ことには、好成績は望めない。安定した
セーブとともに、最終ラインとの連携を
早期に確立したい。

中島翔哉
   昨年に続き、攻撃の核となるとともに、
守備力をもっと高めたい。

橋本拳人
   MF陣の中でボール奪取能力が高い数
少ない貴重な選手。それだけに怪我で離脱
となると、チームに与えるダメージが大きい。